« チャチにつきあったよ! | トップページ | はっきりしないお天気です »

2006年3月22日 (水)

息子の大事な人

小学校の低学年の時から近所のおじちゃんとひょんなことからお友だちになりました。

床屋さんへいったはずがなかなか戻らず心配して見に行ったら 知らないおじさんと息子が床屋さんの前で傘を振っています。息子は野球を始めていたのですがどうやら床屋さんで話をしているうちになかよくなったらしい。確か4年生の時の事かな?『誰だったの?』『カンボジア人らしい、でもお父さんのことはよく知っているみたい』って言うんです。でも主人にしたってそんな外国の人など覚えもなく誰かな?と・・しかたなく床屋さんに聞いたら近所のよく知る人でした。からかわれたんですね、お顔もそうかな?って思えたし・・・

そのおじさんに息子は時々練習をみてもらうようになりました。子供だし真剣に教えてくださるおじさんに眠い!とか、あくびとか失礼がいっぱい。でもおじさんはそんな息子が大好きでいてくれたんです。最近では私たちの知らないことまでおじさんに相談していたり・・・親以外の大人がそばにいていただけること本当にありがたく、息子もおじさん尊敬していたのがよ~くわかりました。

しかし

突然 亡くなった!と訃報が入りました。

部活で帰らない息子に早く伝えなくてはいけないけど、伝えたらどうなってしまうか不安だった・・・

病院から戻るのを待たせていただき、返事をしてもらえない眠っているおじさんに対面です。息子は泣きじゃくるし、その場を離れたがらず枕経をあげていただくのを聞きお線香あげさせてもらいました。人のいなくなるまでおじさんのそばに・・・そしてもう一度近くにいってまだ温もりの残る体をさわり『おじさん、僕野球がんばるから!見守って下さい!』って。 

家に戻っても放心状態、いろいろ思い出を泣きながら話します。

次の日もお線香あげに一度は帰ってきたのですが・・そのときいただき忘れた写真をもう一度おじさんの家までもらいにいきました。帰ってきた顔はまたぐしゃぐしゃ。笑っている写真があってたまらなかったと。おじさんが以前話をしてくれたときの写真があったとか、私にはなんのことかわからないことまで知ってる息子。改めてとてもいい関係だったんだな~って思わされました。

『僕の悩みを聞いてもらえる人が一人いなくなっちゃった!』とポツリと言いました。寂しいだろうな~つらいだろうな~

『僕はこんな悲しいことは嫌だよ!』とも。

でも主人は生きていくと別れは必ずあると・・順番に逝かなくてはならないんだと・・おじいちゃん、おばあちゃんいずれはお父さんお母さんだって・・と。

息子がおじさんの写真を胸に試合に出かけました。必ずおじさん見守ってくれているよ。

お通夜にもお葬式にも参列させていただきました。

どうぞ安らかにお眠りください。

|

« チャチにつきあったよ! | トップページ | はっきりしないお天気です »

コメント

息子さんにとって一生忘れられない春ですね。
身内以外に自分の成長を見守っていてくれる方がいたなんて、なんて幸せな息子さんなんでしょう。
辛い経験ですが、おじさんはこれからもずっとそばで見守り続けてくれるのではないでしょうか。
息子さんとおじさんの関係は一生の宝物だと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: ねえたま | 2006年3月22日 (水) 19時45分

息子サンの大切な方のご冥福をお祈りいたします・・・
最近ではご近所の付き合いなんてあまりないし、
ましてやそんな関係を築けるだなんて、とてもステキなことですよね。
ワタシも初めて人の死に対面したとき、その感情をどう表現していいのか迷いました。
息子さんはたくさん泣いて、あぴこサンにそうして素直に話せることは
あぴこサンともステキな関係でいられるんですね。
息子サン、がんばって欲しいです!

投稿: reine | 2006年3月22日 (水) 22時38分

その後、息子さんは、大丈夫でしょうか。。。

年代を超えた、友情があったのですね。
ステキな関係だったんだとおもいます。

つらい出来事になんて言って良いのかわかりませんが、息子さんの心の中で、いつまでも輝いている思い出になるんだと思っています。

ご冥福をお祈りいたします

投稿: フェアリーママ | 2006年3月22日 (水) 22時53分

別れはとても辛いですね。
息子さんはその後、どうですか?
 
死を乗り越えるというのは、想像以上に長く辛いことですよね。
私もつい最近、とても尊敬していた方を亡くしました。
この年になっても、受け入れがたい現実に
途方にくれてしまいました。
 
息子さんの涙、すごく心に染みて、読みながら涙がこぼれました。
 
おじさまのご冥福をお祈りいたします。

投稿: ☆すの~えんじぇる☆ | 2006年3月23日 (木) 00時51分

♪♪ねえたまさんへ

ありがとうございます!ほんと、宝物ですね。新しい出会いもあるでしょうけど、おじさんにはいつも心で相談していくことでしょう!息子のよき理解者でしたから。


♪♪reineさんへ

ありがとうございます。がんばって今日も部活へ行きました。しっかり机の上にはおじさんの写真を写真立てに入れて飾ってありました。見ると泣いちゃうだろうに・・・

♪♪フェアリーママさんへ

ありがとうございます!このところこんな出来事ばかりですみません。
兄ちゃん大丈夫です。頑張らないとおじさんに怒られちゃうからね。


♪♪☆すの~えんじぇる☆さんへ

ありがとうございます。感受性が強い子なのでまわりが困ってしまうんです。
でもしっかりしなくちゃ!というのも見えますし、男になっていきます。辛いけど乗り越えなくてはね・・・ 

投稿: あぴこ | 2006年3月23日 (木) 11時14分

最近はよその大人の人との接点が、どんどんなくなってきてるのに、
息子さんはいいお子さんですね。
うちの近所の子供たちは、注意されるとこっちのほうが悪いみたいに、睨み返して来たり、知らん顔したりします。
なかなか、よそ様のお子さんを注意したりする事もありませんが。
息子さんのっとっては長い人生の中での、悲しい思い出が増えちゃったみたいだけど、
その方とのいろんな思い出や、話した事はきっとプラスになってくれると思います。
優しい人間にきっとなるんでしょうね。

投稿: ぱっち | 2006年3月23日 (木) 11時41分

こんにちは。
読んでいて、思わず涙ぐんでしまいました・・・。
息子さん、そのおじさんがとっても大好きだったのですね。
でも、きっとこの辛く悲しい経験は息子さんの中で糧になると思います。
若いうちにいい経験が出来たと、あとになって思う日が来るのではと思います。
私は3年ほど前に父を亡くしました。
ちょっと思い出してしまいました。。

投稿: メルモ | 2006年3月23日 (木) 17時05分

♪♪ばっちさんへ

ありがとうございます。優しい人になってもらえたら本当にうれしいことです。生きていけばこういうことはありますね。でも私自身にはこんなふうに子供の時に親以外の大人と接することなんてありませんでしたから息子の淋しさやショックははかれません。様子見ていくしかできませんが・・大丈夫のようです。


♪♪メルモさんへ

ありがとうございます。お父様亡くされたんですか。それはもっともっと辛いことです。想像つきません。
息子もこの気持ちを無駄にしないようしっかり日々暮らしてほしいです。思い出が増えないこと、返事が返ってこないことが寂しいです。

投稿: あぴこ | 2006年3月23日 (木) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36626/1107104

この記事へのトラックバック一覧です: 息子の大事な人:

« チャチにつきあったよ! | トップページ | はっきりしないお天気です »