« だんだん大きくなってます | トップページ | 仲良く撮ろう »

2006年5月17日 (水)

今日は命日です

先代チャチの命日です。今でもあの日を忘れられません。平成7年の今日。6歳でした。

本人はもっと・・だと思います。なぜみんなと急に会えなくなってしまったのか?って。

今のように皆さんとお話ができていいアドバイスなどいただけていたら、あの病院だけで手術の決断はしなかっただろう!もう一つ違う病院へ行ってみただろう。

施設の整ったところであったらあの子が麻酔によって亡くなるなんてなかったのではないか・・・・。まさか

始めます!

と言ってほんの数秒で亡くなるなんて思ってないもの。

いくらあの時に!と言ったってチャチの運命だろうし、今さらどうにもならないことわかっていますが、自分が何も力になれなかったことの反省、前チャチにごめんなさい!を言いたいと思います

飼い主の私たちにはかけがえのない家族。

106_0670 '89.7.26

我が家に来たばかり。

500グラムと書き添えてありました。

106_0671 とっても小さいときからいたずら大好きで・・・

ペットショップへ行ってはガムやボール買ってあげていました。

家具にまでガジガジやって角がなくなってしまいました。

今もそのあとを見ては懐かしく思い出してます。

106_0666_1 落ちついて見えます。家の中ではとてもいい子でした。

こんな顔していてよその人には噛みつくし、凶暴だったのです。

106_0668 決して寝ているからとそ~っと出て行くなんてできないほど 緊張していたように思えます。

お腹出してひっくり返って寝るなんて事はありませんでした。

(どの写真もはっきりしませんが・・これが先代チャチです)

お墓にはフリージアの花をお供えして手を合わせてきました。

忘れていないからね!!

|

« だんだん大きくなってます | トップページ | 仲良く撮ろう »

コメント

先代のチャチちゃんはセーブルだったんですね。 賢そうな顔をしています。
やっぱり麻酔は怖いですね。  一度タクはしているので もう2度としないよう気をつけています。(歯磨き等も念入りに!)
寿命の短いワンコだからこそ 楽しい一生を過ごさせてあげたいですね。

投稿: タクパパ | 2006年5月17日 (水) 20時32分

先代チャチちゃんの分までチャチちゃん長生きしてね。よく江原さんが言っていますよね。長さじゃなく、いかに生きたかが大事って。もっと一緒にいたかったけど、仕方なかったよね。
もしかして今のチャチちゃん生まれ変わりかもよ。
うちの甥っ子はジョンの生まれ変わりだと断言しています。(ジョンはかれが生まれる一年前になくなったんです)

投稿: はまのはなまま | 2006年5月17日 (水) 21時26分

あぴこさんのせつなさが伝わってきてこっちまで涙が(T^T)
先代チャチちゃん、とっても立派なセーブルコート!
凛々しいコだったんですね。・・・短くても、あぴこさんちで
暮らせて、きっときっと、うーんと幸せだったはず!
フリージアのお花、虹の橋からも見えてるかな~

投稿: はるか | 2006年5月17日 (水) 21時35分

以前の先代チャチちゃんの記事を読み返して、また涙してしまいました。あぴこさんもとても無念だったでしょうね。
シェルティーは麻酔に対して、とても慎重にならなければならない犬種と、どこかで見た事がありました。 怖いですよね!
短い人生でしたけど、あぴこさんの子としてとても幸せだったと思います!きっと、お空で今のチャチちゃんと幸せに暮らしている姿を、微笑んで見ていますよ♪虹の橋で待ってますからネッ☆
今迄以上に現チャチちゃんに長生きしてもらいましょう!

投稿: あやママ | 2006年5月18日 (木) 01時11分

先代のチャチちゃんもとっても綺麗な
可愛い子だったんですね。
以前の記事はこちらのブログにお邪魔させて
もらってからすぐに読んだんですが言葉を失いました。
我が家のレイ(猫)も誤診された面があったので...
私も何度もレイにごめんねって言った事か。
でもあぴこさん一家の愛情をたくさん受けて
生活していた、先代のチャチちゃん。
短くてもきっと幸せだったと思います。
みんなの事、見守ってくれてるはずです☆

投稿: 真奈美 | 2006年5月18日 (木) 01時35分

先代チャチちゃんの命日だったのですね。
読んで涙がでてきました。。。今でもずっとずっと
愛してくれているママや家族のこと、先代チャチちゃんも
見守ってくれていると思います。6歳は本当に早すぎます。
でもあぴこさんのおうちのコになれたこと、とっても幸せだった
と思います。

実はさくらが明日避妊手術をする予定で(かなり迷いました。
そして今も少し迷っています)、やはり麻酔をしなければいけな
くて・・・難しい手術ではないとわかっていてもやっぱりとっても
心配です。でもまた元気に帰宅してくれることを信じて、さくらに
がんばってもらいたいと思います。うぇ~~~ん!

投稿: あき | 2006年5月18日 (木) 08時45分

♪♪タクパパさんへ

そうですね。歯磨きもがんばりますm(__)m
運命とは言ってもあきらめられないこともあって・・・。今のチャチを迎えたことで代わりではないけどどこか気持ちが楽になったのも事実です。本人の寿命をまっとうさせてあげたいです。介護でもなんでもします!!


♪♪はまのはなままさんへ

そうですね。生まれ変わりかもね。前の気の強さを反省してこ~んなにおとなしい子になってきたのかもしれません。夕べもみんなでアルバム開いて見たんですが、必ずイタズラしているとこがパチリ、そんな赤ちゃん時代でした。思い出はとてもきれいで、みんなの心にあります。今のチャチとの時間大切にします。

♪♪はるかさんへ

見ているかな~ここだよ!!
しっかり白がまわっていたんだよ。お店の人がいい子ですってお勧めでしたから。でも値引きしてもらったの。
家族ですから悲しいことも起きるけどもう同じ失敗はしないよ!
お金かかるけど検査とかしっかりやってもらえる病院で診てもらい大きな決断は何件かいって決めるつもりです。そんことなく元気でいてもらいたいけどね。


♪♪あやママさんへ

自分を責めるしかなくて・・・辛かったですね。今もダメなんですが。いつまでも悲しいと言っていてもだめですね、まして11年も経ってるのに。そうそうきっと楽しくむこうで暮らしてますね。
チャチは黙ってそばで寝ていますよ~。


♪♪真奈美さんへ

振り返るのは辛いです。今のチャチを迎えたことで6歳までは同じようにたどっています(性格の違いに戸惑ってるのも事実)。
アルバムも止まってしまっていますからね。息子と写ってる写真を見て娘がうらやましそうに・・私もこのチャチに会いたかったって・・・。真っ黒チャチといっぱい写ってもらいます!!

♪♪あきさんへ

ありがとうございます。もっとそばにいてほしかったですが・・・・。
さくらちゃんどうぞ手術が無事成功しますように!!
お腹切った後は突っ張るらしく歩いてもすぐすわったりして痛々しいですが、これも時間が解決しますものね。大丈夫帰りを待ちましょう。

投稿: あぴこ | 2006年5月18日 (木) 09時34分

先代のチャチちゃんもとてもかわいいですね。
麻酔・・とても怖いですよね。
去勢手術の時、ショコラも麻酔をかけましたが、
本当にハラハラしました・・。
ずっとあぴこさん家族に思われている先代チャチちゃん、
いつも皆さんが思い出してくれて、きっと天国で喜んでますよ。

投稿: きよ(ショコラ) | 2006年5月18日 (木) 10時26分

先代のチャチちゃんのお話、涙が止まりませんでした。
先代チャチちゃんを想う、あぴこさんご家族の気持ちは
きっと通じていると思います。

今のチャチちゃんのこと、あぴこさんご家族のこと、
ずっと見守っているんじゃないでしょうか。。。

投稿: ねえたま | 2006年5月18日 (木) 10時29分

先代チャチちゃん。。。
今頃、天国で、『ずっと想っててくれてありがとう』っていってますね。
あぴこさんの責任ではありません。
その時のあぴこさんは、先代チャチちゃんの事を想って、
精一杯の事をされていたはず。。。
愛していればこそ、あの時こうしていたらって
悔やんでしまいますよね、諦められないんですよね。
その想い、充分伝わってると思います!!
だから、元気出して!!頑張って!!あぴこさん

投稿: フェアリーママ | 2006年5月18日 (木) 14時28分

先代チャチちゃんのお話、こちらに遊びにくるようになってから
ワタシも拝見させて頂いて、涙が出てしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。
あぴこサンがとても愛してた、今でも愛しているのが伝わってきます。
ワタシももうすぐ先代ネコの一周忌です。
未だにまだメソメソしちゃうことがあるんですよ・・・(´∀`;)
忘れずにいてあげることはいいことだって言われました。
だから今でも写真を飾って、よく友達に話しています。
チャチちゃんを大切に、ワタシもマイルやロイを大切にしたいです!

投稿: reine | 2006年5月18日 (木) 15時14分

♪♪きよ(ショコラ)さんへ

もうだいぶ前のでき事だからこんなに皆さんにご心配かけてしまうなんて申し訳なくて・・
向こうでも楽しく過ごしてますよね。ありがとう!!

♪♪ねえたまさんへ

見ているかな?怒ってないかな??思い出しても涙が出なくなるのはいつだろう!もう遠いところにいるチャチはそちらの生活楽しんでいるだろうから、こちらも元気にしなくっちゃね。

♪♪フェアリーママさんへ

大丈夫です、元気ですよ。思い出してはウルウルしてますが、会いたくなっちゃうんですよね~無理だとわかっていても・・・。
後ろばかり振り返ってはいけませんね。


♪♪reine さんへ

そうでした、想い出させてしまいましたね。ごめんなさい。
でも泣きたいときはいっぱい泣きましょうか!天国でまた楽しく暮らしているはずですから。

投稿: あぴこ | 2006年5月18日 (木) 20時17分

先代チャチちゃん。麻酔でなくなったんですね・・・
聞いただけで、涙が滲みました。
やはり、麻酔は怖いですね。できるだけ一生麻酔をかけなくても
いいようにしてあげたいですよね。
先代チャチちゃんは、きっとママの気持ちはわかってますよ~
今のチャチちゃんやご家族を見守ってくれてると思います。
6歳はまだ若いです。家のアルも6歳でした。

投稿: ひなた | 2006年5月18日 (木) 22時16分

♪♪ひなたさんへ

アル君と近い時期でしたものね。残念ながら目には見えないけどでもきっと近くにいると思いたいです。のんちゃんのそばに・・チャチのそばに・・一緒にあそんでいるのかな??ワンちゃんではありますがかけがえのない家族にちがいありませんものね。悲しいよ~

投稿: あぴこ | 2006年5月19日 (金) 07時52分

先代チャチちゃんもホントにかわいいですね。
今のチャチちゃんも先代チャチちゃんも愛情タップリに暮らしているのが、凄く伝わります。
麻酔は、恐いですね。モモも放浪後我が家に来たときから、歯に歯石がすごく付いていて取ろうと思ったら、全身麻酔と聞いて躊躇しています。
先代チャチちゃんも6年間という短い間だったかもしれないけれど、幸せだったと思います。そして、天国で楽しく走り回っている事を願っています。

投稿: モモネエ | 2006年5月20日 (土) 09時47分

♪♪モモネエさんへ

ありがとうございます。そのお医者さんも犬としかみていなかったのでしょうね、私はショックで、すぐ帰ってきてしまいましたがダメよ、ちゃんと言うこと行ってこなくっちゃ!なんて愛犬家の方に怒られました。いくらせめたとこで戻ってはきませんから・・・ね。その分(11年かかりましたが)今のチャチを迎えることで私たちももう一度やり直すことができました。

投稿: あぴこ | 2006年5月20日 (土) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« だんだん大きくなってます | トップページ | 仲良く撮ろう »